勘違いに注意する

ゲームやテレビというのは、子供が愛情不足ではないかと感じさせてしまうことがあります。これはゲームやテレビなどといった、非現実的な映像を見せていくことによって顔を直接合わせながら現実を共有していない時間を作ってしまうためです。子育てではこれらの媒体を活用せず、親子で気持ちをお互いに伝えていけるように感じることができるようにしましょう。絵本を読んだり、色々な話をしていくようにするのも重要です。

そんな中で発達障害を引き起こしてしまうことがあります。発達障害というのは誕生した時から特性として持ってしまうもので、脳の機能の違いによって発達していく時に影響を受けてしまいます。集団で生きるのがきつくなってしまったり、色々な弊害を伴ってしまうことがあります。他人との関わりを拒絶してしまい、愛情不足を感じることもあります。

しぐさや行動で発達障害が進んだり、確認することもできます。しかし生まれつき持ってしまうことがあるため、決して愛情不足ではないという点を理解しておきましょう。さらに場面緘黙症も、色々な言葉を理解したり話すことができるものの、集団の中で話せなくなる状態になります。これも愛情不足でなく、不安障害の一種なので負担をかけないように接していきましょう。