様々な症状が出る

愛情不足となってしまった子供が持ってしまう弊害もあるので、親はサインに気づいたら気をつけなければなりません。例えば表情が乏しくなってしまう子供は、心身状態が不安定になることがあります。様々な弊害として愛情遮断症候群というものがありますが、これは乳児期で愛情を十分に感じることができないまま育ってしまい、体や知能さらに精神的な部分で障害を引き起こすことがあります。

心身それぞれで症状を見ることができますが、幼児期で親から愛情を受けなかったりストレスによって安眠ができなくなってしまうこともあります。睡眠中に分泌されていく成長ホルモンが足りなくなったり、育児放棄で食事などを適切に受けていないと身体的な症状を引き起こしてしまいます。成長や発達の遅れをみることができるため、愛情不足は危険と言えるでしょう。

さらにいい子症候群という症状を引き起こすことがあります。愛情ではなく、親から過剰に期待を受けてしまうと環境に合わせていい子を演じようとします。気持ちを抑制してしまうこともあり、自分の意見をどうしても言えなくなってしまいます。自宅と学校などで性格が二分してしまうこともあるため、成長する際には気をつけなければなりません。